司法書士たかやま事務所
HOME>所長ブログ
 / NEW / NEWS / 新規 / 

所長ブログ

『へぇ~』
事務員の清水です

ふと思ったことなんですが、、、

スカイツリーもとうに634mとなっていますが上に乗っているクレーン

あれはどうやって降ろすのだろうか

とりあえず検索するうちに『雑学知識のトリビア』なるものを発見。それによると、、、

「建設中のビル等で、工事が終わるとビルの上に既にあるクレーンよりも一回り小さいクレーンを乗せ、それを使って大きいクレーンを降ろす。次にまたそれよりも一回り小さいクレーンを乗せ大きい方を降ろす」

と何回も繰り返して最後には人の手で降ろせる大きさのクレーンを使って降ろされるそうです

スカイツリーにこのことは記していなかったのですが、これはこれで「へぇ~」

おもしろいので、いろいろ見てみました

★国を訴えたら誰が被告席に立つのか
  日本最古の大学は
  戦国時代はなぜ「日本一」ではなく「天下一」だったのか

 などなど、そういえば言われてみると気になるものばかり。

★については、、、
 公害訴訟などで「国を相手取った訴訟」なそという言葉を耳にするが、被告席には一体誰が立つのだろうか

「国の利害に関係のある訴訟についての法務大臣の権限等に関する法律」という名前の法律がちゃんとあり、その第一条には「国の当事者または参考人とする訴訟についてあは、法務大臣が国を代表する」と記されている。
そして実際には、法務大臣の代理として、法務省の職員地方法務局の局員が被告席に座ることになる。(一部省略)

だそうです。へぇ~なるほど
 


投稿者 司法書士たかやま事務所 (2011年4月27日 14:23) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :