司法書士法人たかやま事務所
HOME>債務整理Q&A

任意整理Q&A

このままでは、来月の返済ができません。このような場合でも任意整理はできますか?
司法書士が貸金業者に介入通知を送付しますと、貸金業法の規定により、貸金業者は、債務者の方に、督促、取り立てをすることが出来なくなります。
その結果、お支払いは直ちに止めていただきます。手続き終了後、残金が残った場合であっても、原則、将来利息をカットしたお支払になり、毎月、返済された分、元金が減ることになります。
家族、恋人に借金のことは秘密にしております。秘密に任意整理をすすめることが出来ますか?
家族、恋人に、秘密にすすめることが出来ます。
司法書士が介入しますと貸金業者が、督促をすることは、貸金業法により禁止されています。
当事務所からの郵送物も、局留め郵便とし、直接、ご自宅に郵送しないこともできます。
3ケ月前から返済をしておりません。このような場合でも任意整理はできますか?
上記Q&Aのとおり、司法書士が介入しますと貸金業者が督促をすることは、貸金業法により禁止されていることから、滞納しているものも含めて、お支払いは止めていただきます。
そのまま、放置して置きますと、給料の差押の可能性もありますので、早めに、ご相談ください。
給料の振込口座である銀行からも借金があります。任意整理をすると、何か影響はありますか?
給料の振込口座である銀行からも借金がある場合(借入がないのであれば、問題はありません)、その銀行のカードローンを整理しますと、銀行口座が凍結されます。
銀行口座が凍結されますと、給料は振込されますが、引き落としが出来なくなります。
また、給料の振込口座である銀行からも借金がある場合、仮に、銀行のカードローンを整理しない場合であっても、銀行保証、あるいは、提携している信販会社に介入した場合にも、銀行口座の凍結の危険があります。
詳しくは、お電話にてご相談ください。
借金の中に、保証人をつけたものがあります。保証人に迷惑をかけたくないのですが。
保証人がついている借金を整理した場合、保証人に原則一括で請求されます。
ただし、保証人の方が、貸金業者と分割返済の交渉をすることはかまいません。

任意整理は、自己破産、民事再生とは違い、整理する借金を自由に選ぶことが出来ますので、保証人に迷惑をかけたくないと思えば、保証人がついた借金は、整理しないことも出来ます。
借金は、最近、借り入れたものや、ショッピングがほとんどです。このような場合でも任意整理はできますか?
最近は、貸金業者も、グレーゾーン撤廃を意識し、利息を利息制限法の範囲内の利息に下げている場合があります。
最近の借金は、利息の引き直しをしたとしても、さほど減額されないかと思われます。

また、ショッピングは利息制限法の適用がありませんので、減額されることはありません。
このように減額はできませんが、将来利息をカットし(利息を0%)、翌月、一括払いのショッピングも含めて分割返済の交渉ができ、毎月の支払い金額を下げることができますので、月々の返済が困難な方は、ご相談ください。
おまとめローンを考えております。任意整理とどちらが有利ですか?
おまとめローンであっても、利息を5%から15%に設定されております。
元金が大きい場合、仮に、今よりも利息が下がったとしても、返済しても利息にとられてしまい、なかなか減らないのではないかと思います。
仮に、100万円の借金があれば、利息制限法所定の利息は15%ですので、年間、15万円ほどの利息が発生することになります。
確かに、司法書士が介入した場合には、いわゆるブラックリストに載ります。
しかし、任意整理では、原則、これからの利息をカットする交渉をしますので、本当に借金を返済したいとお考えであれば、任意整理の方が有利ではないでしょうか。
任意整理と特定調停とではどちらが有利ですか?
特定調停とは、支払い不能に陥るおそれのある債務者が、簡易裁判所に申立をし、債務者と債権者との間で残債務の返済方法等を合意し、債務者の経済的再生を図る制度です。
特定調停を個人で申立てた場合は、費用は1社あたり500円と低廉な価格で済みます。
ただし、過払い金が発生している場合には別途過払い金返還請求訴訟を提起する必要があり、実際、利息の引き直しも充分されているとは言えないことからしても、任意整理を選択された方がよろしいのではないでしょうか?
無料WEB相談 お問い合わせ 03-5363-7466 FAX:03-5363-6863